知るべき投資科学

市場を動かすのは人間に心理ですので、人間がどのようなときにどのような行動をするのかを研究すると、値動きが読めてくることがあります。

特に損を出したときは利益を出したときよりも印象に残る傾向が強く、損に対して過度に恐怖心を持つ人もいます。
そのような人はうまく損切りすることができず、結果としてこつこつ稼いだ資金も一回の失敗で吹き飛ばしてしまうでしょう。

市場参加者の心理を読むことによって、その後どのような動きをするのかが読めてくることがあります。相場は1つの大きな生き物のようなもので、上昇と下落、どちらかにエネルギーを貯め、大きく動き出すことも珍しくはないのです。
そのようなタイミングで波に乗ることこそ、重要です。

FX初心者はFXに関する基本的な知識を身に着けることも大切ですが、心理学など別の分野からアプローチをするのも成功するためのコツです。
口座の作り方やレバレッジとは何か、取引入門などの情報はネットや本を探せば簡単に見つけることができます。

取引のやり方はFX会社のツールによって異なりますので、口座を作ったときに説明をしっかり理解したり、デモトレードをして取引になれておくと良いでしょう。

知るべき投資科学

FX初心者が読むべき本

投資に関する情報誌はさまざまありますが、情報は必ず古くなってしまいます。

古い情報を集めてもリアルタイムの取引に役立てることは難しいでしょう。その点においては経済動向など新鮮さが大切な情報に関しては、本で知識をつけるよりもネットで調べたほうが価値があります。
本で身に着けるべき知識は、テクニカル分析の方法や、過去の教訓です。

相場の世界では過去と同じ動きをすることも多いため、似たような相場がないか探してみるのもよいでしょう。

また、通貨ごとに特色も異なります。世界の基軸通貨としての役割がある米ドルは流動性も高く、安定した値動きをしています。
取引量の低い通貨はまとまった注文で大きな値動きをつけることがあり、結果としてロスカットに巻き込まれてしまうリスクもあります。
経済のニュースだけではなく、その国の通貨がどのようなものなのか理解するために、世界の国に関する知識をつけるのも良いかもしれません。とりわけ重要なのが世界各国の利害関係のわかるような歴史本や経済紙です。

通貨はその国の中央銀行が管理しているものですので、時には政府や中央銀行が意図的に為替に手を加えようとすることもあるのです。

FXに関する基本的な知識を身に着ける

初心者に最適の通貨ペア

FXをするにあたり、どのような通貨ペアがあるのかも初心者に最適なFX会社を選ぶ際に重要になります。

【FX@比較ランキング】特徴や利用者の声の最新ランキング

通貨ペアは多くのものが存在しますが、証券会社によっては扱っている通貨ペアの種類に違いがあります。20通貨ペアのところもあれば50通貨ペアのところもあり、選ぶ際にはスプレッドに注意して決めるようにしましょう。
外貨では買値と売値ではいくらかの開きがあり、その差額がスプレッドです。
この値は小さいほど取引をする際には有利になるので、スプレッドが小さい会社を選ぶことが大切です。

スプレッドが小さい通貨ペアには、ドル円があり業界の最狭水準は0.3銭です。他の通貨ペアではこれよりも幅が大きいので、初心者がまず取引をするのであれば、ドル円を利用するようにしましょう。

また、業者を選ぶ際もドル円が0.3銭を基準に比較することも、大切です。FX会社はキャッシュバックなどのキャンペーンなども良く行っているので、それに該当する通貨ペアを利用することも初心者には最適です。

明確な目標もなく取引をするのではなく、キャンペーンなどの景品を得ることも選択肢に入れて、取引をおこなうようにしましょう。